2021-03-17

納冨栄太エピソード-入院中

風呂事件

救急搬送され、嬉野医療センターで入院加療を受けることになった。清潔の保持のために3日に一度は入浴をさせられる。看護師は栄太氏がなかなか入浴させてくれないので喧嘩になり、とうとうドクターがやって来た。「え~?3年も入浴してないの!!」呆れて驚くドクター。帰るドクターを見てそっと「*ふっふっ。風呂には5年はいっとらん。」シャワーで3年、風呂には5年という意味であった。

*ふっふっ。風呂には5年入っていないのさ。の意

地酒

三瀬を愛していた。学校休みの週末になると森林の中で落ち着いた。心が洗われるようだったからと聞いていた。さすが芸術家だなとそう信じていた。晩年入院中に、本当のところは密造酒を頂戴しに行っていたと首をすくめ白状する。先生現役中の話だ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です